Dahlia's book log だりあの本棚

読書で得た喜びをここに記録として残します。 こんな本を読みましたという備忘録として。

索引 た行

#322 甚平着て海外旅行されている面白い人の旅行記

『つかれたときに読む海外旅日記』五箇野人 著 ディープな国を一人旅。 つかれたときに読む海外旅日記 (ゲッサン少年サンデーコミックス) 作者:五箇野人 小学館 Amazon ヨーロッパのニュースを見ていると、ワクチン接種を終えた人は「ワクチンパスポート」な…

#316 なんと夏しゃばけ!

『てんげんつう』畠中恵 著 しゃばけシリーズの18弾目。 てんげんつう(新潮文庫)【しゃばけシリーズ第18弾】 作者:畠中恵 新潮社 Amazon 朝ぼーっと電車に乗っていたら新潮文庫の吊り広告が目に入った。なんと今年は夏にしゃばけシリーズの文庫本が出ると…

#312 歴史の中に埋もれていた話を想像してみる

『翼をください 上下』原田マハ 著 第2次大戦前の世界一周のお話。 翼をください 上 (角川文庫) 作者:原田 マハ KADOKAWA Amazon うっかりしているうちにもう21年も下半期に突入しており、思い返せばこの上半期に何か目立って成長と言えるものはあったかな?…

#303 台北のちょっと変わった歩き方

『旅ボン 台湾・台北編』ボンボヤージュ著 台湾シリーズの2冊目。 旅ボン 台湾・台北編 作者:ボンボヤージュ 主婦と生活社 Amazon Kindle Unlimitedを楽しまなければ!とあれこれ見ていた時に発見した1冊。旅ボンシリーズは海外のみならず国内シリーズもあり…

#295 「食べ方」一つで体は変わるものなんですね

『図解 食べても食べても太らない法』菊池真由子 著 食事の質を改善する。 図解 食べても食べても太らない法 作者:菊池 真由子 三笠書房 Amazon コロナ禍の話が出ると、必ずと言って良い程「太った」と言うキーワードが出てくる。実は私もその口で、しかも今…

#294 憧れるのはその「センス」を養う力です

『デザイナー渋井直人の休日』 渋谷直角 著 50代デザイナー渋井さんの日々。 デザイナー渋井直人の休日 (文春e-book) 作者:渋谷 直角 文藝春秋 Amazon 以前キャンペーンの際に買ってあったマンガ。デザイナーという仕事とはどういうものかと思い購入してみた…

#280 物が増えすぎたGW ← 断捨離することにしました

『「ちゃんとしなきゃ!」をやめたら二度と散らからない部屋になりました』なぎまゆ 著 断捨離。 「ちゃんとしなきゃ!」をやめたら 二度と散らからない部屋になりました (コミックエッセイ) 作者:なぎまゆ 発売日: 2018/12/27 メディア: Kindle版 今までオ…

#267 台湾に行ったら買いたいものリスト、また増えました

『台湾もぐもぐ二人旅』にしうら染 著 台湾2泊3日の旅の記録。 台湾もぐもぐ二人旅 作者:にしうら染 発売日: 2020/12/22 メディア: Kindle版 4月も今日で最後。昨日張り切って包丁を研いでいたら右手の人差し指を軽く切ってしまった。今は無印良品のステンレ…

#263 木の上での「空仕事」とはなんと粋なんでしょう

『ちゃんちゃら』 朝井まかて 著 江戸の庭師「植辰」に拾われたちゃらの空仕事。 ちゃんちゃら (講談社文庫) 作者:朝井 まかて 発売日: 2012/12/14 メディア: 文庫 少し前のセールの時に購入した一冊。やっぱり疲れた時には時代小説が身に染みる。これ、どう…

#241 子供の頃の読書の思い出

『小さな男の子の旅』エーリヒ・ケストナー 著 短編が2つ収められた小さな本。 小さな男の子の旅―ケストナー短編 (ショート・ストーリーズ) 作者:エーリヒ ケストナー 発売日: 1996/02/01 メディア: 単行本 この頃児童文学を読んでいなかったなと思い、先週…

#240 とにかく早く帰りたいからExcelをどうにかしようと決めました

『Excel現場の教科書』長内孝平 著 YouTubeを使ってExcelを学べる。 できるYouTuber式 Excel 現場の教科書(「本×動画」で学ぶ新しい独習~180万回再生の実績! ) 作者:長内孝平 発売日: 2019/02/01 メディア: 単行本(ソフトカバー) 業務の内容上それほど複雑…

#239 在宅勤務しているうちに英語力がふりだしに戻っていた⇒まずはこれから再出発

『どんどん話すための瞬間英作文』森沢洋介 著 中学生レベルの英語を使って瞬間的に英語が口につくように練習しよう。 どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK) 作者:森沢 洋介 発売日: 2006/10/25 メディア: 単行本(ソフトカバー) すっかり在…

#223 大根一本まるっと食べる方法

『堤鯛之進 包丁録 2』崗田屋愉位置 著 助けた男の子に鯉という名を付け面倒を見る鯛之進。子の親の知らせを聞く。 堤鯛之進 包丁録 江戸料理編 (バーズコミックス スペシャル) 作者:崗田屋愉一 発売日: 2021/02/24 メディア: コミック この間読んで面白か…

#222 「ちょっとお邪魔しています」くらいの控え目な旅がしたいなあ

『どこでもいいからどこかへ行きたい』Pha著 バスでふらっと旅に出て、いつものところでいつものごはん。 どこでもいいからどこかへ行きたい (幻冬舎文庫) 作者:pha 発売日: 2020/02/06 メディア: Kindle版 年末あたりから年次で締めているマイルやらポイ…

#218 無添加な食生活、そうか江戸をお手本にすればよいのか!なマンガ

『堤鯛之進 包丁録 (1)』崗田屋愉一 著 料理好きの浪人鯛之進は研屋をやりながら極楽長屋で暮らしている。 堤鯛之進 包丁録 極楽長屋編 (バーズコミックス スペシャル) 作者:崗田屋愉一 発売日: 2019/11/22 メディア: Kindle版 大変なマンガに出会ってし…

#208 ミステリーvsコメディー? 私はコメディーに一票です

『月館の殺人 上下』佐々木倫子 絵、綾辻行人 原作 月館行きの電車に何が起きるのか。 月館の殺人 上 作者:佐々木倫子,綾辻行人 発売日: 2017/07/21 メディア: Kindle版 新しいパソコンで気をよくしているせいか、もう少しマンガを読みたくなったのでこちら…

#199 ワークライフバランスを改善!←大きな目標の前にまずは時短から!マウスなしで効率化につながるといいな

『脱マウス最速仕事術』森新 著 キーボードを使って作業効率を上げる方法を紹介。 脱マウス最速仕事術――年間120時間の時短を実現した50のテクニック 作者:森新 発売日: 2020/08/06 メディア: Kindle版 先週新しいパソコンが到着し、意気揚々と使い始め…

#192 「エレガンス」とは凛と咲く百合の花みたいな感じかな?と思うのです

『どんな日もエレガンス』ドメストル美紀 著 フランスの元貴族に嫁がれた著者が見るエレガンスのある生活。 どんな日もエレガンス 作者:ドメストル 美紀 発売日: 2020/07/19 メディア: 単行本(ソフトカバー) 在宅勤務を利用して自分に投資する方が多いらし…

#177 いつか解決すると信じて

『ときぐすり』畠中恵 著 「まんまこと」シリーズの4冊目。麻之助の心の傷も少しは癒えただろうか。 ときぐすり (文春文庫) まんまことシリーズ 4 作者:畠中 恵 発売日: 2015/07/10 メディア: 文庫 どんどんとコロナ感染者数が増加していることもあり、今年…

#175 世界旅行の準備編ならこの本がおすすめです

『旅のオチが見つからない』低橋 著 シベリア鉄道、チャリでチリを南下、インドネシアで原住民まで旅がすごい。 旅のオチが見つからない おひとりさまのズタボロ世界一周! (コミックエッセイ) 作者:低橋 発売日: 2020/03/13 メディア: Kindle版 多くの人が…

#166 我が家につくもがみになれる物はあるかしら

『つくもがみ笑います』畠中恵 著 出雲屋のつくもがみたちに友ができる! つくもがみ笑います つくもがみシリーズ (角川文庫) 作者:畠中 恵 発売日: 2020/09/24 メディア: Kindle版 Amazonを徘徊していたらつくもがみシリーズの新作が出ていたことを知った。…

#122 自分の持ち物を育てて付喪神にしてみようではないか!

『つくもがみ、遊ぼうよ』畠中恵 著 深川出雲屋には3人の子どもたちが集い、日々小さな不思議に動くものと元気に遊んでいる。 つくもがみ、遊ぼうよ (角川文庫) 作者:畠中 恵 発売日: 2016/04/23 メディア: 文庫 畠中恵さんの「つくもがみシリーズ」の 2冊目…

#121 全く怖くない妖のお話 〜付喪神編

『つくもがみ貸します』 畠中恵 著 深川の出雲屋には付喪神となった品物があるらしい。 つくもがみ貸します つくもがみシリーズ (角川文庫) 作者:畠中 恵 発売日: 2019/11/18 メディア: Kindle版 この頃すっかり時代小説に魅了されており、江戸と聞いただけ…

#112 「レシピを見ないで〜」シリーズを写真で確認したいなら、この本が買い!!です

『「使いきる。」レシピ』有元葉子 著 写真入りで道具や食べ物の扱い方を説明してくれている良書。 「使いきる。」レシピ 有元葉子の“しまつ”な台所術 (講談社のお料理BOOK) 作者:有元葉子 発売日: 2015/02/27 メディア: Kindle版 連休最終日、結局何事…

#084 そうなんですよ、宮崎はおいしいものがたくさんありすぎるのです

『東京近江寮食堂 宮崎編』 渡辺淳子 著 千駄木にある滋賀県公認の近江寮、なんと建て替えすることになる。 東京近江寮食堂 宮崎編~家族のレシピ~ (光文社文庫) 作者:渡辺 淳子 発売日: 2019/03/22 メディア: Kindle版 昨日に引き続きの近江寮。 一度滋賀…

#083 近江といえば・・・これからは「丁字麸」と言ってみたい

『東京近江寮食堂 』 渡辺淳子著 千駄木にある滋賀県公認の宿のお話。 東京近江寮食堂 (光文社文庫) 作者:渡辺 淳子 発売日: 2017/11/24 メディア: Kindle版 ちょっと前にAmazonで購入。久々に現代風な小説を読む。舞台は東京だが主人公は滋賀県のおばちゃん…

#082 浅草から深川へ、江戸の雰囲気に憧れる

『つばき』山本一力 著 江戸は深川を舞台とした料理屋のお話。 つばき (光文社時代小説文庫) 作者:一力, 山本 発売日: 2017/09/08 メディア: 文庫 昨日読んだ『だいこん (光文社文庫)』の続編。まだまだ続きそうな予感のある内容である。 一冊目は浅草が舞台…

#081 この夏は時代物小説を読んでみることにした

『だいこん 一膳飯屋』 山本一力 著 江戸の下町で美味しいごはんを出すことで有名な「だいこん」の女主人の話。 だいこん 一膳飯屋「だいこん」 (光文社文庫) 作者:山本 一力 発売日: 2014/07/25 メディア: Kindle版 世の中3連休でなんとなくそわそわしてい…

#070 道具に頼るのではなく、自分の味覚と腕を頼りに料理を作ろう

『ちょっとフレンチなおうち仕事』タサン志麻 普段の志麻さん、おうちでの志麻さん、お母さんな志麻さんを垣間見れる一冊。 ちょっとフレンチなおうち仕事 (正しく暮らすシリーズ) 作者:タサン 志麻 発売日: 2020/05/22 メディア: 単行本(ソフトカバー) 本…

#065 パン屋を巡る旅(というか散歩)の計画

『TOKYO BAKERY & CAFE 東京のパン屋とカフェの本。」 表参道、六本木、渋谷、代官山、代々木公園、三軒茶屋、西荻窪などの天保を紹介。日本初上陸なども掲載されている。 TOKYO BAKERY & CAFE 東京のパン屋とカフェの本。 作者:朝日新聞出版 発売日: 2018/1…