Dahlia's book log だりあの本棚

読書で得た喜びをここに記録として残します。 こんな本を読みましたという備忘録として。

#462 和の色の癒しとインパクト、というところでしょうか~「江戸彩り見立て帖」

『江戸彩り見立て帖』坂井希久子 著 色を見極める仕事とは。 江戸彩り見立て帖 色にいでにけり (文春文庫 さ 59-3) 作者:坂井 希久子 文藝春秋 Amazon 1月も末となり、そろそろKindle内を整理しなくてはと思っている。すでにコンテンツはまとめてあるのにな…

#461 私のストレスなんてまだ軽い方でした ~「ちょっと今から仕事やめてくる」

『ちょっと今から仕事やめてくる』北川恵海 著 新入社員、青山。会社を辞める。 ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫) 作者:北川 恵海 KADOKAWA Amazon さて、うまく自分の機嫌を自分で取ることが出来なくなり、ついにワークライフバランス…

#460 高3の過ごし方~「戸村飯店 青春100連発」

『戸村飯店 青春100連発』瀬尾まいこ 著 戸村兄弟の10代終わりの過ごし方。 戸村飯店 青春100連発 (文春文庫) 作者:瀬尾 まいこ 文藝春秋 Amazon いつ購入したのかも思い出せないくらい、長くKindle内で眠っていた一冊だ。この頃はものすごく気分転換を要し…

#459 猫好き、必読! ~ 「猫の傀儡」

『猫の傀儡』西條奈加 著 操られたいし!!! 猫の傀儡(くぐつ) (光文社文庫) 作者:西條 奈加 光文社 Amazon どうしたものか。募りつつある不満の波がなかなか引いていかない。いつもは会社のことなんて1ミリも頭に浮かばないはずだった。家に帰って本を読…

#458 上司が無能なので歴史から学ぼうと思ったのですが…~「わが殿 上・下」

『わが殿 上・下』畠中恵 著 大野藩士の幕末。 わが殿 上 作者:恵, 畠中 文藝春秋 Amazon さて、「まんぼう」ですね。私の勤める会社は時短も、時差出勤も、リモートワークも一切実施せず通常業務と変わらない対応を取っている。リモートになることを期待し…

#457 隠密から潜入へ!~ 「潜入 味見方同心1~3」

『潜入 味見方同心 1~3』風野真知雄 著 隠密シリーズの続編。 潜入 味見方同心(一) 恋のぬるぬる膳 (講談社文庫) 作者:風野 真知雄 講談社 Amazon すっかり心奪われてしまい、ついに続編にも手を出してしまった。ストーリーの面白さに引き込まれ、思わず著…

#456 明治の哀愁 ~ 「御坊日々」

『御坊日々』畠中 恵 著 江戸から明治へ、庶民の心。 御坊日々 作者:畠中 恵 朝日新聞出版 Amazon 寒い日が続いてたこともあり、甘酒がやたらと美味しく感じる今日この頃。甘酒は私はたいてい酒粕で作る。飲む時はおろししょうがを少し、オリゴ糖を少し入れ…

#455 同心の人柄と奉行所チームワークに痺れる~「隠密 味見方同心」

『隠密 味見方同心 全九冊合本版』 魚之進の活躍、全部入ってます。 隠密 味見方同心 全九冊合本版 (講談社文庫) 作者:風野真知雄 講談社 Amazon 年末、きっといろんなセールに浮かれていたのだと思います…。Kindleの中の本を整理しようと中を見ていたら、な…

#454 水色の木造二階建て洋館を守ろう!~「世田谷イチ古い洋館の家主になる 1」

『世田谷イチ古い洋館の家主になる 1』山下和美 著 旧尾崎邸の保存について。 世田谷イチ古い洋館の家主になる 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) 作者:山下和美 集英社 Amazon 昔から山下和美さんのマンガが好きで「天才柳沢教授の生活」シリーズは全巻…

#453 これは完全に写真集ですよ!~「ひとりを愉しむ食事」

『ひとりを愉しむ食事』有元葉子 著 ひとりを愉しむ 食事 作者:有元 葉子 文化出版局 Amazon ああ、なんと美しい写真。この表紙、生け花じゃないですよ。サラダです!! こちらも年末にいくつかまとめて購入したうちの一冊。買って良かった!と思える一冊だ…

#452 スーパースターの弟もなかなかやります ~「隠密 味見方同心2」

『隠密 味見方同心 2』風野真知雄 著 魚之進が継ぐ。 隠密 味見方同心(二) 干し卵不思議味 (講談社文庫) 作者:風野真知雄 講談社 Amazon 年末に読んだ本の2巻目。 1巻目はえっ!?という終わり方だった。イケメンな上に仕事のできる月浦波之進が家督を継い…

#451 ワンプレートを大人風に ~「バランスごはん」

『バランスごはん』有元葉子 著 ワンプレートを上手に作ろう。 バランスごはん 作者:有元葉子 東京書籍 Amazon 本書、年末にいくつか書籍を購入した際に楽天で購入したもの。オンライン書店さんには早いタイミングで配送頂くなどなど、とってもとってもあり…

#450 セルフ冷食作りにハマりそうです~「冷凍お届けごはん」

『冷凍お届けごはん』上田淳子 著 目からうろこ。 冷凍お届けごはん 離れている家族に (講談社のお料理BOOK) 作者:上田淳子 講談社 Amazon 著者の作品を続けていくつか読み、すっかりファンになってしまった。おすすめはこちら。 料理のレシピ本を購入す…

#449 思わず足が深川に向いちゃいますよね ~「善人長屋 2」

『善人長屋 2』西條奈加 著 加助の善意が長屋を動かす。 閻魔の世直し: 善人長屋 (新潮文庫) 作者:西條 奈加 新潮社 Amazon さて、2巻目です。 1巻目は短いお話がいくつもあって、登場人物を紹介するような流れだった。一方2巻目は一つの大きなストーリーと…

#448 お金の使いかたは人を表す ~「三千円の使いかた」

『三千円の使いかた』原田ひ香 著 お金の大切さを学ぶ。 三千円の使いかた (中公文庫 は 74-1) 作者:原田 ひ香 中央公論新社 Amazon そういえば年末に読んだのにメモを忘れていたことに気付いた。たまたま書店に行った時に見かけた本書、手持ちの著者の作品…

#447 こういうリーダーがいたらなあ ~「善人長屋」

『善人長屋』 西條奈加 著 千七長屋には裏の顔がある。 善人長屋(新潮文庫) 作者:西條 奈加 新潮社 Amazon 年末年始に長く休んでしまったせいか、気持ちがなかなか通常業務に追いつかない。困った困った。そんな時は小説で気分転換が一番!ということで、…

#446 苦手な漬物以外の発酵食品について学ぼう! ~ 「白崎茶会の発酵定食」

『白崎茶会の発酵定食』白崎裕子 著 発酵食品で健康に。 白崎茶会の発酵定食 体にやさしい献立と作りおき 作者:白崎裕子 マガジンハウス Amazon 体に良いレシピを探すと白崎茶会に行く着く。本もたくさん出ていて、私も手持ちの書籍がそろそろ10冊程になる。…

#445 粋な姉妹の江戸の話 ~「世直し小町りんりん」

『世直し小町りんりん』西條奈加 著 女性が活躍する江戸の話。 世直し小町りんりん (講談社文庫) 作者:西條 奈加 講談社 Amazon 今年も江戸に浸る予定。去年のブラックフライデーの時、西條奈加さんの小説をいくつか購入した。一番最初に読んだ本がお菓子の…

#444 お弁当生活~「六甲かもめ食堂の野菜が美味しいお弁当」

『六甲かもめ食堂の野菜が美味しいお弁当』船橋律子 著 今年もおいしいお弁当。 六甲かもめ食堂の野菜が美味しいお弁当:少しの仕込みで生み出す毎日食べたくなる味 作者:船橋 律子 誠文堂新光社 Amazon 仕事始め。ついに2022年がスタートだ。今年も暮らしを…

#443 家計の管理で社会を把握~「羽仁もと子著作集 第9巻 家事家計篇」

『羽仁もと子著作集 第9巻 家事家計篇』羽仁もと子 著 家計のやりくりを学ぶ。 羽仁もと子著作集 第9巻 家事家計篇 作者:羽仁もと子 婦人之友社 Amazon 新年あけましておめでとうございます。 本年度も日本にとって多幸な一年となりますように。 一年の計は…

#442 今年もたくさん読みました~「はなの味ごよみ10」

『はなの味ごよみ 10』高田在子 著 シリーズ最終巻。 はなの味ごよみ 花笑み結び (角川文庫) 作者:高田 在子 KADOKAWA Amazon 去年の年末は「2021年になればコロナも落ち着いてるでしょ」くらいの気持ちでいたのに、実際こうして2021年の幕を閉じる今振り返…

#441 大掃除のキレイさを維持しなくては!~「帰りたくなる家」

『帰りたくなる家』山﨑美津江 著 キレイな家を保ちたい。 帰りたくなる家ー家の整理は心の整理 作者:山﨑 美津江 婦人之友社 Amazon 本格的に年末だというのに、大掃除が全く終わらない。そもそもまだ断捨離しているっていうこと自体が遅すぎる!なわけで、…

#440 とりあえず断捨離から~「今日は心のおそうじ日和」

『今日は心のおそうじ日和 1,2』成田名璃子 著 小説家先生のおうちでの家政婦。 今日は心のおそうじ日和 素直じゃない小説家と自信がない私 (メディアワークス文庫) 作者:成田 名璃子 KADOKAWA Amazon 人より一足早く休みに突入するので早いうちから大掃…

#439 せんべいが具に?~「東京近江寮食堂 3」

『東京近江寮食堂 青森編』 渡辺淳子 著 今度は青森料理! 東京近江寮食堂 青森編~明日は晴れ~ (光文社文庫) 作者:渡辺 淳子 光文社 Amazon 続けて読んでいた作品に続編が出ていたことを知った。 滋賀出身の主婦が突然姿を消した料理人の夫を探しに東京へ…

#438 お酒が江戸へ届くまでが大変すぎるのです~「下り酒一番 1」

『下り酒1番 1』千野隆司 著 武蔵屋で手代として働く卯吉の活躍。 大店の暖簾 下り酒一番 (講談社文庫) 作者:千野 隆司 講談社 Amazon さて、一足先に今日より年末休暇に入った。年休消化といいつつも、本当は一日も早くお休みとって大掃除をしなくては!と…

#437 ファッション考~「それでもやっぱり、ほしいもの」

『それでもやっぱり、ほしいもの』主婦と生活社 大人のおしゃれ。 それでもやっぱり、ほしいもの (ナチュリラ別冊) 主婦と生活社 Amazon コロナ禍により生活ががらっと変わってしまった頃は「1年くらいで落ち着くだろう」と安易に考えていた。それがもう2年…

#436 ぐるぐる鰻~「隠密 味見方同心 1」

『隠密 味見方同心 1』風野真知雄 著 新しい役職、味見方とは? 隠密 味見方同心(一) くじらの姿焼き騒動 (講談社文庫) 作者:風野真知雄 講談社 Amazon 平成の感覚が抜けなくてまだ23日は休みのような気になってしまう。昭和の日のように平成の日にしてお…

#435 野菜の加工に瓶づめ!~「谷中びんづめカフェ竹善 1」

『谷中びんづめカフェ竹善 1』竹岡葉月 著 谷中にすむイギリス人のつくる瓶詰料理。 谷中びんづめカフェ竹善 猫とジャムとあなたの話 (集英社オレンジ文庫) 作者:竹岡 葉月 集英社 Amazon タイトルに惹かれて購入。瓶詰と言われて最初に頭に浮かぶのはジャ…

#434 冬に食べたいお料理がいっぱい~「à table SHIMA vol.1 冬号」

『à table SHIMA vol.1 冬号』別冊エッセ 志麻さんの冬のお料理 à table SHIMA vol.1 冬号 (別冊エッセ) 作者:タサン志麻 扶桑社 Amazon もうすぐクリスマス。今年もどこにも行けず、年末年始はひっそり自宅で過ごす予定。この間いろいろなセールの折に大量…

#433 池之端が舞台の時代小説!~「上野池之端 鱗や繁盛記」

『上野池之端 鱗や繁盛記』西條奈加 著 鱗やの歴史。 上野池之端 鱗や繁盛記 (新潮文庫) 作者:奈加, 西條 新潮社 Amazon 西條奈加さんの小説といえば、昨年の直木賞をきっかけに書店でもよく見かけるようになった気がする。私はこの小説が出会いのきっかけだ…