Dahlia's book log だりあの本棚

読書で得た喜びをここに記録として残します。 こんな本を読みましたという備忘録として。

#554 山におります~『潜入 味見方同心 4』

『潜入 味見方同心 4』風野真知雄 著

上様、参る。

 

昨日より山の深い地域にいる。関東は梅雨入りとのことだが、こちらは今のところ晴れている。むしろ朝晩ちょっと寒いくらいで、布団の中で「寒いなー」と追加寝具の購入を考えていた。あれこれ準備すべきものが多く、今日もまずは準備グッズの購入に出る予定なのだが、買い物には車で15分くらい山を降りなくてはならない。そこは一般スーパーなので、寝具や家電となると隣町まで行くことになるだろう。ペーパードライバーのくせにものすごく狭い山道を運転しなくてはならないので緊張が続く。

 

とはいえ、ものすごく景色が良く、山にあたる陽の加減が移り行く姿は神秘的ですらある。窓を開けているとうぐいすの声も聞こえ、癒される感がすごい。一日移動に疲れはしたが、機内で読み始めた本書を移動先でも読み始め、やっと気持ちが切り替わった感じだ。

 

本書はシリーズもので、まずは「隠密」という名前でシリーズが続いていた。それが「潜入」と変わり、本書が新刊となる。

 

主人公の月浦魚之進は同心であった兄が何者かに殺され、その後を継ぐこととなった。継ぐとは言ってもそう簡単ではなく、釣りをしてお気楽に暮らしていた次男坊が眉目秀麗な兄の跡目を受け継ぐべく努力する。

 

魚之進はもともと地頭の良いタイプなのだろう。そして研究肌のように一つのことを飽きずに追い続ける能力もある。非凡であるのになまじ兄が優秀すぎたために「おいらは何かが足りない」と思っているふしがある。口調も同心でありながらもあまり武士っぽくなく、そこがまた親しみやすい。

 

味見方というのは食に関わる調査をする仕事なのだが、魚之進は周りの助けを借りつつ、そしてもともと探求好きな思考から次々と問題を解決していく。今は大奥にも出入りし、毒見薬が殺された事件を担当するほどとなった。加えて小石川の療養所にいた親友が味見方となり、魚之進も俄然やる気が出てくる。

 

本書ではなんと上様の外遊に南北奉行所が総出で対応する。もちろん魚之進も食の仕事であるだけに現場に向かうのだが、仕事柄、魚之進は奉行所メンバーの中でも唯一食が提供される厨房にも出入りでき、いったいどんな裏があるのかを追求する。

 

このシリーズ、読めば読むほどどんでん返しがありそうで、今から次巻が楽しみでならない。さて、そろそろ山を降りなくては。

#553 やっぱり映像化されていましたか~「闇の狩人 (下)」

『闇の狩人 (下)』池波正太郎 著

弥太郎の過去。

 

本日よりまたまた地方へ。この大雨で飛行機が飛ぶかどうかが心配なのだが、今のところ変更情報も届いていないのできっと定刻通りに出発できることだろう。

 

さて、南九州からの帰り、待ちに待った本書の下巻を読み始めた。

 

時代小説を本格的に好むようになってまだ数年。本シリーズは1980年代に書かれた時代小説なので、昨今のものとは文体や登場人物の心の声の表現方法が異なり、それもまた味を添えてくれたような感じだ。

 

主人公の谷川弥太郎、本当の名を笹尾平三郎という。山で襲われ、崖から落ちた時に記憶を失ってしまったらしい。それを介抱したのが大盗賊の小頭だった弥平次だ。名前が無いのも不便なことと、谷の傍で見つけたことから谷川という名字を、そして名を自分に因んで弥太郎とした。

 

しかし、追手の存在に気が付いた弥太郎は、弥平次のもとを去る。ずっと気にかけていた弥平次だったが、数年後に江戸で偶然の再会を果たした。なんと弥太郎は香具師のもとで人を殺める仕事についており、弥平次は絶対に救って見せると意気込む。

 

上巻で、弥太郎は香具師から託された仕事にあたるが、その時相手が自分の名を呼んだ。笹尾平三郎、その名が弥太郎の過去を追うカギとなる。

 

下巻では弥平次が翻弄し、どんどんと弥太郎の傍へ近付いていく。時には危ないことも多いし、盗賊仲間は自身が跡目に着きたいと弥平次の命を狙ってくる。人の心の欲が渦巻くなか、不思議と弥平次と弥太郎の周りには澄んだ空気が漂っており、読んでいるうちにどんどんと背筋が伸びてくる。

 

悲しい事に弥太郎の記憶は戻らない。しかも怪我のせいか、同時にいくつものことを考えることができない。あれこれ考えようとすると頭痛が弥太郎を襲ってくる。しかし体は別のようで、意思とは関係なくすっと直感のもとに動けるようだ。下巻で弥太郎の過去が一つ一つ解かれていくのだが、やはり芯のまっすぐな心があったからこそ、こうして記憶を失っていてもなぜか人を惹きつける魅力があるのだろう。

 

調べてわかったのだが、なんと2回もドラマ化されたうえに映画まであるらしい。



ドラマは1994年と2013年の2度あり、映画は1979年の公開だ。やはり名作というのは映像化も多々あるということなのだろう。古い作品、一度見て見たい。

 

 

#552 ハーブがぐっと身近になる本~「おいしいハーブ暮らし12か月 キッチンガーデン発 元気のレシピ」

『おいしいハーブ暮らし12か月 キッチンガーデン発 元気のレシピ』

北村光世 著

 

 

昨日は英国でエリザベス女王の即位70年式典があった。本当はBBCで見たかったのだが、出張中のホテルでは見ることができず。代わりにBSの番組を見た。王室メンバーの名前を間違えることが何度も続くし、通訳さんがまだ訳し切らないうちに話し出すし、番組進行のアナウンサーの準備不足ばかりが目立ちちょっと残念。

 

それにしても96歳となりこの頃は健康が心配されていたエリザベス女王がお元気なお姿でバルコニーに上がられたことで、英国の人々は嬉しく思っていることだろう。キャサリン妃の白のドレスもとても素敵。やっぱり華やかなイベントは良いですね。

 

さて、この間読んだ本にハーブ研究家さんのご自宅が登場していた。

 


ちょっと気になったので著作を読んでみることにした。ありがたいことにKindle Unlimitedだったのですぐに読んだ。

 

ハーブ、自宅で簡単に育てられるという話だが、日本の気候に合うものだろうか。どう育てるべきだろうか、気になりつつもまだ手を出せずにいる。庭があればもっと積極的に種を買ってきたり、土を準備したりするのだろうが、ベランダもない我が家の場合は「いつか庭付きの家に住む」と妄想を広げるばかり。

 

しかし本書を読んでみると、なんだかできそうな気がしてくる。さらには育てたハーブを美味しく頂くところまで盛り込まれており、これは紙の本も買っておこうかなという気になった。

 

四季に合わせたハーブの紹介があり、巻末には育てるための知識が収められている。ハーブにも旬があるようで、作り方から食べ方までが紹介されている本は他にもあるが、なかなか日本の食卓で使いやすいとは言い切れないメニューも多い。ハーブを自宅で育てても、合わせる食材が手に入りにくい場合などもあり、ハーブ生活に憧れるけれど手軽にハーブティーでやめておこうかなあ、な気持ちになる。

 

本書は日本で育て、日本で食べるのにぴったりで、何ひとつ突飛に感じるものはない。むしろいつもの料理にちょっとだけハーブを加えて華やかさが増したものが多く、おいしそうと思えるレシピばかりだった。

 

実は私はペースト状のバジルがあまり得意ではなく、バジルソースなど好んで選ぶことはまずない。だがリーフをちょっとだけ頂くような場合はむしろ大好物といって良い。バジルソースのパスタは食べないけれど、リーフを和えたようなパスタなら食べる。自分でもよくわからないのだが、上の写真のようなサラダはむしろ積極的に食べていきたいほどだ。

 

こちらは夏のレシピでこれを見てから「この本を買おう」と決心。家で育てていなくとも今はスーパーでも多くの取り扱いがある。レシピを見ていると「ちょっとスーパーへハーブを買いに」とさっと出かけたくなった。うん。この本、買おう。

 

 

#551 無印、やっぱり重宝しますよね~「「もの選び」の芯も定まる 自分軸のインテリア」

『「もの選び」の芯も定まる 自分軸のインテリア』

コンパクトサイズのおうちを飾る。

 

どんどんと運転時の緊張感が緩和され、視界に自分以外の車がいない時は運転が楽しいと感じられるようになってきた。

 

さて、外に出る時間が多くなり、家のことをどうにかしたいという気持ちが高まっている。自宅を離れ、自分の住空間について改めて考えているのだが、リラックスしたい、おしゃれに暮らしたいとあれこれ買ってしまったことが乱雑空間の大きな原因だと思っている。目の前にその物の山が見えないことで、むしろ「記憶にないものは捨てても良い」と思うに至った。逆に好きなものや、毎日使うものははっきりと頭の中に思い浮かべることができる。よし、帰ったらまずは断捨離だ。

 

そんなことを考えていたら、やっぱりインテリアの本が読みたくなる。ちょうど時間が空いたのでKindle Unlimitedから本書を選ぶ。

 

さっそく驚いたのがこれ。

 

右下に「MUJIxUR」とある。ほう、こんなシステムがあったとは。

 

こちらのご夫婦はシンプル生活を心がけておられるようで、そこにDIYでより個性を出している。それがものすごく味があり、MUJIのグッズにマッチしていた。

 

 

多くは無印良品の商品だと思われるが、木の色が加わりぐっと渋みがでている。やっぱりフライパンはつるすと収納がはかどりますね。そうそう、ナイフの片付けかたも考えているところだ。今は3本しかないので備え付けの扉裏の収納に収めているが、そのうちちゃんとしたものを持ちたいところ。個人的にはナイフは外に出しておきたくないので、今はアイデアを検討しているところだ。

 

我が家も無印良品の製品を多用しているが、主張が強すぎないのでとても重宝している。よって、つい立ち寄ると必ずなにか買ってしまうのだが、これも少し抑えなくては。

 

明日には家に戻れるのでそれまで少し断捨離のイメージトレーニングをしておくつもり。

#550 コンパクトながらも個性がいっぱい~「60代からの小さくも豊かな暮らし方 その3」

『60代からの小さくも豊かな暮らし方 その3』

個性的な住空間。

 

どうにか車を運転しつつの滞在4日目。昨日は運転2日目となり、どうにか行くべきところにも到着でき、作業をしたいとカフェを探す余裕までできた。運転1日目はただただ怖いと思ったが、昨日はものすごく楽しく運転できたので街の素敵なところにあれこれ言ってみたい気持ちでいっぱいだ。

 

今いる街は県の南にある自然豊かな山に囲まれた所でいるだけで心が癒される。地元の方に教えていただいたカフェは書店に併設されており、久々にリアル書店をぶらぶらした。本書はそこで見つけた一冊で、今年は自宅に居られる時間より外に出ている時間が増えそうなせいか、もっともっと自宅を快適にしたい!家に帰ってほっとしたい!つまりは本気で断捨離を慣行したい!となるわけだが、そこでたまたま目についたのが本書だった。将来どんな風に家を作るべきかということを考えるにあたっては先輩たちのアイデアを多くみておくべきと考えている。というより、住居に関しては世代ってあんまり関係ないかも。

 

紹介されている事例は日本や海外もあり、何も60代ではなくともとても使える。たとえば、こちらはパリの例。

 

それほど広くはないキッチンだが、白を基調にシンク前に揃えられた棚がとても使いやすそうに見えた。パリの住宅は恐らく日本よりも不動産価格が高額で、古いものを維持しているせいか機能性はそれほど期待できないだろう。だからこそ工夫をこらす楽しみがあるのかもしれない。

 

こちらは奈良で薬膳料理の研究をしておられるオオニシ恭子さんのご自宅で、シンクまわりのタイルが素敵。

 

 

こちらのタイルはオーダーメイドされたそうで、この写真では濃紺に見えているが光の当たった別写真だとターコイズブルーに見えた。そして左のお料理が素敵。

 

こんな感じでおうちの様子を紹介したのちは、片付けについてのアイデアがまとめられていて便利。収納・片付け編、掃除編、その他の家事編の3つにわかれており、この手の本をよく読む人には取り立てて真新しい情報ではないのかもしれないけれど、個人的にはものすごくこれが欲しい→一刻も早く自宅に戻りたい、な気分になった。

 

今住んでいるところは賃貸で、会社勤めの身ではいつまた「〇〇に転勤ね」なんてことが起こるはずなので物は少な目にすべきなのだが、鍋類だけは絶対に手放したくはない。今はすべてガスレンジ下に棚のようなものを入れて保管しているのだが、上の写真のようにウォック鍋がちゃんと鎮座しているところを見て猛烈に片付けたくなっている。

 

こちら、シリーズ3作目のようなのだが、他の2冊も読んでみたくなった。なぜシニアの生活を見るのが好きなのかというと、長く使われている調理器具を見るのがとても好き。そして特にキッチングッズの中でも便利なはずとつい購入したくなることが多いのだが、こういう雑誌に登場される方はたいていお料理のプロなども登場されており「いる・いらない」を迷った時の参考になるし、それ以上に長く大切に使えるものを選びたい派には実際に経年劣化を見ることができるのが大きなポイントだ。

 

ああ、家を片付けたい!初冬までモチベーションを維持していきたい。

#549 ついに運転する日が来てしまいました~「新・女性のための運転術」

『新・女性のための運転術』徳大寺有恒 著

気持ちをほぐす。

 

ついに一人で運転する日が来てしまった…。GWに数度のペーパードライバー研修を受けたとは言え、正直教習所で仮免取ったばかりの人よりも知識も技術も劣る私なのに、どうしても一般交通手段のない地域に行かなくてはならずにレンタカーを借りた。

 

ペーパードライバー研修では教官からは公道の運転も大丈夫と仰って頂いたのだが、隣に人が乗り、行く道を指示し、さらには自分の意志とは別のブレーキ(教官の足元のアレ)があるという安心感があったからこそ、どうにか運転出来ていたのだと思う。それが一人となるともう怖い怖い怖いの連続であった。

 

まず、今いる所は初めて訪れた地域であり、土地勘はゼロ。そこでナビを頼りに運転することになるのだが、ナビはなかなか正しい道を示してくれない。しかも最短距離を行くためか運転手の技術を顧みず、ものすごく細い道を提示してくる。わからないのでその声の通りに進むわけだが、対向車が来るたびに叫びながらどうにか走った。

 

ペーパードライバー研修を受ける前、運転に関する本を3冊購入した。

 

 

今回一人立ちするに当たって読んだのは本書。上の2冊と何が違うかというと、写真や具体的なイラストは一切なく、文章で「運転とは」という心の持ち方を説いている。

 

内容はどちらかというとペーパードライバーというよりは、運転に自信を持てない女性ドライバー全般に向けたもので、特に「もう無理!」と思った時の心の持ちようについてあらゆる角度からとらえたものだ。

 

昨日私は普段は現地の人しか行き来しないであろう山の麓の町に行った。本格的な訪問を前に前日のうちに行って場所や経路を確認しておきたかったからだ。しかし人口の少ない地域とは言え、車の数はものすごく多い。きっと公共の交通機関の脆弱化により車なくして暮らせないからだと思うが、朝から晩まで結構な量の車が走っている。そもそもJRから町の様子を見ている限りでは「車少ないし運転できそう」と生意気なことを思っていたが、いざ運転席に座ってみると「車多いし!」と全く逆の印象。

 

とにかく安全第一と法定速度に従って走っていると、気が付いたら私理由のプチ渋滞が発生しており、バックミラーからはみ出るくらいに後続の車が連なっていた。こんな時、ものすごく焦る。進んでいくうちに渋滞は消えていったが、あれはとっても心臓に悪かった。

 

ホテルにもどり早速本書を手に取ると、渋滞になっても無理をしてはならないこと。少し脇に寄れば、運転の上手な人たちがきれいに避けて進んでくれるとの文章があり、少しほっとする。それなら私もどうにかできそうだ。

 

また行く場所は山道なのでカーブも多くどうしても速度が遅くなる。運転歴の長いドライバーのようにすんなり進んで行くなんて絶対に無理だし、下りに至ってはさらにひどい。山道では遅すぎてもダメらしく、下りではなく上りで少しスピードを出すようにするようにとのアドバイスがあった。

 

ほとんどが運転する際の心の持ち方、自信の付け方、冷静になる方法、無理せず安全第一、過信禁物!を文章で説明している。写真資料は技術を教えるには一発で理解できる長所がある。一方文章の場合は読むのに時間がかかるのが短所と言えば短所だが、読んでいるうちに確かに気持ちが落ち着いていく。手っ取り早く運転が上手になりたい人には向かないかもしれないが、乗らなくてはならないのに心が付いて行かない人にはおススメ。

 

とはいえ、すでに私も緊張状態。朝の忙しい時間に渋滞原因になってしまうのでは…と不安いっぱい。そろそろ出かける準備です。

#548 ストーリーが力強い!~「闇の狩人(上)」

『闇の狩人(上)』池波正太郎 著

謎の剣客と大泥棒。

 

今週よりまたまた別の所に出張に出ている。空港に到着した時から圧倒されるような風景を楽しんでいたのだが、今朝は結構本降りで「しまった,,,」と靴の心配をしているところ。今いる所は夜半から雨となった。出張日数が増えるにつれ荷物がどんどん増えてくる。いつも靴を2足準備していたのだが、今回は「靴はいいや」とあきらめた途端ににこの雨だ。いつもは降らずに帰る頃になると「次回は1足で」と重い荷物に後悔していたのに、やっぱり準備って必要なのかーと外の雨を見ながら考えているところ。

 

今回の移動は飛行機だったので、待っている間、機内で本書を読んだ。こちらもKindle Unlimitedの作品で上下2巻となっている。

 

主人公は雲津の弥平次という50になったばかりの男だ。実は大きな盗賊に属しており、そこで小頭という役割を務めている。先日盗賊の親分が他界し、現在はその跡目についてもめているところだ。弥平次を推す者も多いが、自分こそトップにつくと息巻く二人の弟分がいる。弥平次は先の盗みで足を怪我し、そろそろゆっくり過ごしたいと考えるようになり、跡目を継ぐ気持ちはない。

 

足の怪我には湯治と知り合いの坊主の湯へ出向いた弥平次はそこでしばらく滞在し、傷を癒す日々を送っていた。坊主の湯も元盗賊が営んでおり、いわくつきの弥平次も安心して体を預けることができる。山奥にあり、ひっそりとした坊主の宿。弥平次が山を歩いている時、なんと怪我を負い倒れている侍を見つけた。放っておけず思わず宿へ連れ戻すのだが、侍には追っ手が迫っているようで声が聞こえてくる。

 

弥平次の手当の甲斐あり侍は意識を取り戻すが、すべての記憶を忘れていた。自分の名前、出身、どこから来たのか、なぜ追われていたのか、すべてすっかりわからなくなっていた。このままでは傷も治らない上により山奥にある宿へ移動することで身を隠そうと思った弥平次は、宿のおやじとともに夜から移動をはじめる。

 

侍は意識を取り戻したばかりで、自分で歩くことすらままならない。とりあえず山小屋に落ち着いた弥平次と侍だが、こんなところまで追ってがやってきた。侍を案じる弥平次だが、その侍は気づくと姿を消しており一先ず弥平次は坊主の湯へ戻る。

 

この侍、自分の名前を忘れていたところから、弥平次に名前を付けてもらった。二人は互いを想い合う心を持ち合わせるものの、山奥で離ればなれになってから数年の間、一時も忘れることがなかった。それから二人の背景が深く深く闇に沈む中、江戸で二人の世界が近寄っていく。

 

とにかく読み応えあるストーリーで、興奮しつつ上巻を読み終えた。下巻は帰りの便で読むつもりだが、どのような終わりになるのかが気になり、もうそわそわしているところ。早く下巻を読みたい!