Dahlia's book log だりあの本棚

読書で得た喜びをここに記録として残します。 こんな本を読みましたという備忘録として。

#388 ポアロシリーズ第25弾~「五匹の子豚」

『五匹の子豚』アガサ・クリスティー

ポアロシリーズ第25弾。

 

週明けから寒くなるとのニュースに週末は衣替えをした。今日からはすっかり長袖でそろそろコート類も引き取りに行かねば。すでに北海道では初雪を観測したと言うし、これからは一雨ごとに寒さが増して冬になるんだろうな。

 

さて、やっと25冊目のアガサ作品だが、本作は今までとは違うアプローチな上に、最後まで謎が謎を呼び疑問が最大限に膨らんでいくような内容だった。

 

基本情報はこちら。

Title: Five Little Pigs

Publication date: January 1943

Translator: 山本やよい

 

まず、いつものように導入部でポアロのもとに事件が入ってくる。今回は若い娘で、16年前に亡くなった母の無実を晴らしたいという。娘の父親は当時有名な画家で、16年前に毒殺された。その犯人として母がとらえられたのだが獄中で命を落とす。母は亡くなる前にカナダの親類に預けられた一人娘に手紙を残した。自分はやっていない、と。

 

託されたポアロは過去の事件でありながらも、このような状況からの調査はポアロでなくてはできないと懇願され、気分良く引き受けることに。ここから他の登場人物へのヒアリング調査を開始、隠された謎はなかなか見えてこない。

 

当時の捜査にあたった者、裁判にあたった者、そして画家と共にいた者、すでに16年の時が流れ、当時まだ幼かった娘も20歳となり結婚を考える歳となった。過去の会話を思い出し、加害者被害者の人柄から解いていくポアロの戦法は今回は見事以外の何物でもない。

 

翻訳家の山本やよいさんは、「オリエント急行の殺人」の翻訳も手掛けており、とにかくスムーズ、それぞれの人柄が浮かび上がってくるような名訳だった。読みやすいだけではなく、違和感を感じる瞬間が一つも無かったように思う。

 

 

タイトルの5匹の子豚とはマザーグースの童謡にあり、「愛国殺人」と同じ様に歌詞がそれぞれの賞のタイトルとなっている。この曲の最後の歌詞がI can't find my way home.と、家に帰る道がわからず迷子になってしまっている様子で、確かにぴったりな小説だった。事件に関する情報の鍵となるものはなかなか容易に開示されない。その出て来るタイミングも量も何から何まで絶妙すぎてあっという間に物語に取り込まれてしまう。

 

とにかく面白い!目の前にさーっと風景が浮かんでくるような圧倒的な描写も読みごたえがある。確実にお気に入りベスト3に入ると思う素晴らしい推理小説

 

評価:☆☆☆☆☆

おもしろさ:☆☆☆☆☆

読みやすさ:☆☆☆☆☆

 

#387 料理雑誌もたまには良いですね~「&Premium Cooking」

『&Premium特別編集 私の料理教室ノート。』マガジンハウス

レシピを紹介。

 

普段あまり雑誌を買うことはなく、でもやっぱりちょっと読みたいなと思うものもいくつかあるのだけれど、同じ紙媒体のものでも「書籍」となっているものより「雑誌」の扱いは軽くなることが多い。必要な内容を切り取ってスクラップしたりすることにも抵抗はないし、処分に躊躇することもない。

 

雑誌のほうが時代に反映した「今」を取り上げることが多く、旬を摘み取る印象もある。そのせいか、一般の書籍に比べて雑誌の内容は幾分挑戦的で日常とはかけ離れたところもあり、時間がたってから読み返すと逆に昔感がものすごい。それがわかっているから、短期保存の対象となってしまうのかもしれない。

 

でも、料理の本は書籍同様の普遍性があり、その時流行りの食材に中毛するなどのことはあるにはせよ、長く活かせる内容が多い。なのでたまに購入することはあるのだけれど、やっぱり紙の質のせいかへたっとなってしまって他の料理本より貧相に見える。

 

なので、試しに電子書籍で読んでみようと楽天マガジンの年間購読にトライしてみることにした。見ると外国の雑誌もあってちょっと嬉しい。

 

f:id:Dahliasbook:20211018093001j:plain

 

ということで、早速料理関連の雑誌を読んでみることにした。それが本書。この雑誌はしっかりした紙質なのでもし内容がよければ購入したいと思っていたからだ。バックナンバーまで読むことができないのが残念ではあるけれど、内容をちゃんとチェックできるというのはありがたい。

 

先生役は渡辺有子さんで、季節別のお料理が記されている。先生と生徒の会話があり、そこへレシピが紹介されているというスタイルだ。

 

f:id:Dahliasbook:20211018093320j:plain

 

寒くなってきたらマッシュポテトを作ろうと思っていた所にこのレシピ。これを見て「あ、この雑誌は買わねば!」と意を固めた。

 

本を買う時、服を買う時、靴を買う時、スペースを考えてあれこれ自問自答しながら購入するのだけれど、本の場合は雑誌のようなお手軽価格のもの、Kindleのように場所を取らないものとハードルがぐんと下がるので熟考せずに買ってしまうことが多い。でも雑誌の内容を事前に検討できるなら、吟味した上での購入になるのでより活用につながるはず!と信じたい。

#386 かっこいい女性のライフスタイル@パリ~ 「In Paris」

『In Paris』Jeanne Damas 著

パリジェンヌの暮らし。

 

ずっとずっと気になっていた本の洋書Kindle版を購入した。日本語版はこちら。

 

 

Kindle版を購入することは決めていたけど、英語版を購入したのは日本語版は英語版の2倍の金額だったから。写真より文章の方が多いけれど、わかりやすい英語で書かれているので読みやすいと思う。ファッションやライフスタイルの興味があるなら尚更、さっと読めるはず。

 

各章にはそれぞれテーマがあり、人を紹介するもの、物や習慣を紹介するものがあり、全てがパリに住む女性の一般のライフスタイルになっている。人がテーマになっている時は、自分のスタイルを持った女性にスポットライトを当てていて、アーティストやファッション業界などで活躍する人の日常が紹介されていた。

 

面白かったのは、フランス人が見た「パリジェンヌとは」の定義で、例えばワインへのこだわりを持つこと、リップは赤など、パリジェンヌのお約束がある。これをチェックすればパリジェンヌになる道は近づくかも。

f:id:Dahliasbook:20211016193105j:plain

例えば上は「パリジェンヌは自撮りしない」という内容で、公衆の面前でアングル変えたり、キメ顔したりと何度も写真を撮る?いや、ないわ!」というのがあくまでもパリジェンヌの主張である。

 

f:id:Dahliasbook:20211016193253j:plain

こちらはパリジェンヌが絶対にインスタにアップしないものリスト。最後にある「ジェーン・バーキンの写真」っていうのに笑ってしまった。

 

パリの女性はいつも「自分のスタイル」を追求しているように思う。自分が良いならそれで良し。他の人が何と言おうと自分を貫く強さが羨ましいしカッコいいと思う。

#385 ポアロシリーズ第24弾~「白昼の悪魔」

『白昼の悪魔』アガサ・クリスティー

ポアロシリーズ第24弾。

 

ちょっと勢いをつけて一気にアガサ作品を読み進めようと思っている。本にも音楽にも季節感があるような気がするのだけれど、推理小説というのはもしかすると冬に向いている?と思うようになってきた。暑い時期に読み始めたけれど、その頃よりも秋めいた今のほうが読むテンポが速くなってきているように思う。気のせいかな?

 

さて、基本情報はこちら。

Title: Evil Under the Sun

Publication date: June 1941

Translator: 鳴海四郎

 

今回の翻訳は鳴海四郎さんで、英文学者かつ翻訳者とのこと。特徴は、やたらとカタカナが入ってくること。やはり翻訳者さんが変わるとポアロの口調も変わり、なんだか今回はやたらと女性口調だったり、大胆だったりと統一感の無さがまたもや気になってしまった。カタカナ、こんな感じ。

 

ア、 ご存じなかったですか?

あア!これはこの辺デヴォン州独特のものです。

ここでひとつ、よオく思い出していただきたいんだが、

 

これがテンションを下げてくるのでちょっと読みにくかった。

 

翻訳面でもよくわからなかった場所が一つあり、原文を探して理解したところが1か所あった。

 

「セックス・アピールだよ」と少佐。「それだよ、イットというやつだ」

 

原文を確認してみると、

‘It’s IT, my boy,’ said the Major. ‘That’s what it is—IT.’ 

 

美人の登場にみんなが関心を持って彼女を見ているが、ポアロはそれを一蹴し「美しさに目を奪われて彼女を見ているわけではないはず」と主張する。それを受けて少佐が言った言葉なのだけれど、「イット」がよくわからなかった。文脈を見ると下ネタを遠回しに言っているような状況だと思うけれど、「イット」はなぁ。

 

ストーリーも最初からどこか既読感があった。調べてみると『死人の鏡』という短編にある「砂に書かれた三角形」にプロットが似ている。

 


ポアロは8月のホリデーをイギリス南部の島で過ごす。そこには数人の旅行客がおり、みなそれぞれ退屈したり楽しんだり、それぞれの時間を過ごしていた。そこに元女優という女がやって来て、旅行客の新婚夫婦の夫を誘うかのようなしぐさをする。そこから事件が発展するというものなのだけれど、「砂の上の三角形」と事件の起こり方も、アプローチもそっくり同じで読み始めてすぐに予測ができた。まるで過去問をすでに解いた後で類似問題に取り組んだような感じ。

 

地方での話なので、ジャップ警部などおなじみの登場人物はなく、ほぼ初登場の人たちばかりなのに、短編を読んでしまった人には答え合わせのような読書になってしまうかも。

 

評価:☆☆☆

おもしろさ:☆☆

読みやすさ:☆☆

 

#384 好きなものを集めに集めた台所~「食いしん坊な台所」

『食いしん坊な台所』ツレヅレハナコ

台所道具。

 

以前に料理本を読んだハナコさんの台所道具本。

 


もともと料理関係の編集のお仕事をしていたこと、結婚して数年後にご主人が癌で他界されたことなど、ハナコさんのプライベートエピソードまで語られていて、そのストレートな語り口に一気にファンになってしまった。エッセイの中に台所愛がぎっしり詰め込まれている楽しい一冊。

 

とにかく台所がお好きで、道具もたくさん。海外の鍋、ティーポット、お皿などなど見たことも無いようなお道具の写真を見ていると、おしゃれなイメージの「キッチン」というより、まさにお料理するための「台所」というイメージがぴったりだった。写真を見る限りは本当に一般住宅の普通の台所。そこに小瓶が積まれ、へらやらターナーやらがものすごい量並んでいる。わかります。欲しくなるんですよね。どの分野でも興味のない人には大して差のない物をいくつも揃えているように見えるけど、使う側は全然違う!とこだわり部分における「差」を大声で叫びたくなる。

 

ハナコさん、実は旅行もお好きでトルコや北アフリカなどどこでも訪ねていく。

 

f:id:Dahliasbook:20211015175931j:plain

 

トルコはものすごく紅茶を飲むというのは他の旅行記などで読んだことがあり、チャイスタイルで飲むという予備知識はあったものの、こんなティーポットで淹れるとは知らなかった。その名も「チャイダンルック」というのだそうだ。お写真を拝見する限り、ものすごく使い込んでおられるようだ。やっぱり物は大切に使われてこそ味わいがでる。

 

f:id:Dahliasbook:20211015180838j:plain

 

こちらはハナコさんのインスタからお借りした写真で、テルビエという鍋。スープをよく食べるトルコでは、この鍋でスープ仕上げを行うとのこと。たしかにこれは使いやすそう。

 

ハナコさんの台所は、もちろん作家さんの名のあるものもたくさんあるだろうけれど、ノーブランドでハナコさんが「いい!」と思ったものが基本。だからものすごく高価なものから数百円で購入できる海外のグッズもたくさんある。それは道具を選ぶ自分なりの基準、自分が必要と思える大きさなども大事だけれど、物を見る目が肥えているからこそ自信を持って「いい!」と思えるのだろう。

 

本書を読んで、「そうか、買っていいんだ!」と思った。キッチングッズ、欲しいものはたくさんあれども「スペースが」とか「お値段が」とか、何かと躊躇してしまったけれど、しっかり使えばいいんだよね!と勇気をもらった感じ。愛を込めて使い続ければ良いのだ!

 

自分の好きな空間はじわじわ見極めて作っていくのが楽しいと思う。ハナコさん、今はおうちを建てたらしい。その書籍も近く購入したいと思っている。

#383 ポアロシリーズ第23弾~『愛国殺人』

『愛国殺人』アガサ・クリスティー

ポアロシリーズ第23弾。

 

そろそろアガサシリーズも再開せねばと通勤時間にKindleを開く時間が増えた。年内には読み終えたいという気持ちはあるのだけれど、まだまだ80冊程残っているので春までに!と目標を伸ばすことにした。

 

さて、本書の情報はこちら。

Title: One, Two, Buckle My Shoe

Publication date: November 1940

Translator: 加島祥造

 

本作も加島さんの翻訳で、アガサシリーズでは5冊目になるのかな?既視感を感じつつ読み進める。

 

こんな人物の間にこそ大きな犯罪が発見されるものだ、とバーンズ氏が示唆したっけが。

 

「セインズバリイ・シールの事件を解決するように、伯父に頼まれたのですってね。たしかにそうでしょ、え?

 

など、今では使われないような会話文が多いのでそろそろ新訳に切り替えても良いのでは?と思うのだが、今回は確実に「これは...」という訳があった。

 

それから一時間も経つと彼はまた思い出した――『ブライミ、たしか名前までなにかそんなふうだったよ、ミス・なんとかシールっていってた』……」

 

英語の本文はこちら

And after about another hour he registered again—“Believe she had a name, too, something like that. Blimey, it was —Miss Something or other Seale!”

 

このBlimeyはイギリスの人たちが良く使うのを聞くし、ドラマを見ていてもよく登場する。ビックリした時だったり、何か良い事があったりな時にも使われているし、逆になんだかもたついちゃったときなんかも使っている。日本語でいうなら「やべっ」とかそんな感じのように思うのだけれど、これも「なんとか~って名前言ってたんだよね。えええええええっと、ほら、あれだ!ミスなんとかかんとかシールだったような~」という使い方のように思う。ブライミという名前として書かれているのはちょっと残念。

 

英語のタイトルは童謡の歌詞で、1から数を数えつつ村の日常の生活につなげて韻を踏み、言葉の流れを楽しくつかむものだ。これがどうして「愛国殺人」と訳されているのかは謎だけれど、この歌詞がそれぞれの章のタイトルにもなっている。

 

ポアロはオシャレさんなので、身だしなみには気を使っている。もちろん歯のチェックも欠かさずだが、実は歯医者嫌いだったりする。定期健診で歯医者に行き、いつもの通りに治療してもらった。家に帰ると仲良しのジャップ警部からの連絡で、なんとポアロを治療してくれた医師が亡くなったという。しかも自殺で、銃で撃ちぬいたという驚き以外の何物でもない。

 

もちろんポアロ歯科医師の様子からそれは他殺と考え、一つ一つ謎を追っていく。その日、歯医者には数名の患者があり、医院は二人の医師で運営されていた。ポアロが歯医者に入り、出ていくまでの間のことを丁寧に思い出し、後を追う。

 

今回の作品は何となくストンと納得できない終わりだった。唐突に答えが出て来た感もあるし、翻訳の都合もあるのかもしれないけれど、誰が誰?な面がいくつか。そもそも、ポアロらしくない動きがあって、彼の叡智をもっともっと見せて欲しいかな、という気持ちになった。そして、ここにNursery Rhymesが登場しなくてはならない理由が私にはわからなかったので、いつか英語版を読んでみたいと思う。きっと何か読み落としているのだろうは思うけれど。

 

評価:☆☆

おもしろさ:☆☆

読みやすさ:☆☆

 

#382 台所道具の魅力~『私を動かす暮らしの道具』

『私を動かす暮らしの道具』経塚加奈子 著

台所の雑貨。

 

この間、たまたま本屋で見つけた一冊。やっぱり台所関連本はチェックしたくなる。普段は面白そうな本を見つけたときにAmazonの評やKindle版の有無をチェックするのだけれど、今回はチェックもせずにすぐに買った。一般の人がひとつひとつ「好き」を追求していった過程が見えるのがなんとも良かったことと、作家さんやメーカーさんの紹介がちゃんとあり、数ある道具の中からどういう理由でこれを選択したのかという著者の考え方が見えたのも大きかったと思う。

 

著者は福島県にお住まいで、4人のお子さん+ご主人との6人家族。ご両親の住んでいたアパートをリフォームし、もとは2部屋あった2階を1つの住宅にしたそうで、玄関が2つあったりととにかくユニーク。1階にはご両親がお住まいのようで、娘さんのお部屋は階下にあったりと広く場所を使えるのは利点かも。

 

お子さんが大きくなり、インテリアや台所道具に情熱を傾ける時間が増えたとのこと。友人のすすめでインスタを始め、そこからどんどんファンが増えたようだ。普段インスタをじっくり見る機会が少ないので著者のことは存じ上げず、こんなにも大人気だということも全く知らずにいた。

 

昭和風の住宅であることや、ご自身の好みで木でできたものがたくさんある。カゴ、棚、家具は木のぬくもりが感じられるものが多く、食器類も温かみのあるものが多い。

 

f:id:Dahliasbook:20211014183734j:plain

 

ステキなアイデアが多いなか、このトレーはかなりいい!と思った。あと右のお米を研ぐ用の竹製米研ぎ機も便利だろうなと思う。確かに、冬に冷たい水に手を入れるのは寒い地域だと本当に嫌だよなーと思う。

 

今までトレーを使うことはあまりなかったのだけれど、果物とか、ちょっとしたお菓子とか、ちゃんとまとめて置きたい!な時に便利そう。他にも作家さんの食器とかも大変参考になる。

 

寒くなると家のことにより目が向くので、衣替え次いでに断捨離しようかと思っている。今のところキッチン関連の物で捨てるものは何一つないのだけれど、置き場所をちゃんと確保するようにしなくては。

 

さて、作家さんの食器を調べに行かなくちゃ!