Dahlia's book log だりあの本棚

読書で得た喜びをここに記録として残します。 こんな本を読みましたという備忘録として。

索引 あ行

#684 刃こぼれ~「居眠り磐音 10」

『居眠り磐音 10』佐伯泰英 著 新しい刀も。 朝虹ノ島 居眠り磐音(十)決定版 (文春文庫) 作者:佐伯 泰英 文藝春秋 Amazon 先週は風邪ですっかり体力が落ち、会社を休むほど不調が続いてしまった。週の初めに検査を受け、コロナでもインフルエンザでも無い…

#683 先生、奉公に出る~「居眠り磐音 9」

『居眠り磐音 9』佐伯泰英 著 深川の師匠、奉公に出る。 遠霞ノ峠 ─ 居眠り磐音江戸双紙 9 (双葉文庫) 作者:泰英, 佐伯 双葉社 Amazon コロナ禍以降、ものすごく体調に気を付けていたので、ここ数年一切病気らしい病気をしていなかった。それがみるみるうち…

#682 実直そのものな姿に背筋が伸びます~「居眠り磐音 8」

『居眠り磐音 8』佐伯泰英 著 友の行方。 朔風ノ岸 居眠り磐音(八)決定版 (文春文庫) 作者:佐伯 泰英 文藝春秋 Amazon 相変わらず喉の痛みが続いている。会社にもハチミツを一瓶持ち込み、あらゆるドリンクに入れて飲んでいる。一番痛みが収まるのはインス…

#680 神秘と侍~「居眠り磐音 7」

『居眠り磐音 7』佐伯泰英 著 王子へ。 狐火ノ杜 居眠り磐音(七)決定版 (文春文庫) 作者:泰英, 佐伯 文藝春秋 Amazon この頃楽しんでいるシリーズもの。50巻を超える作品なのでまだまだ続く予定。楽しみが続くのは嬉しい限り。 気が付いたらもう1月も終わり…

#678 江戸時代の祈願、大山参詣 ~「居眠り磐音 6」

『居眠り磐音 6』佐伯泰英 著 大山詣で。 雨降ノ山 居眠り磐音(六)決定版 (文春文庫) 作者:佐伯 泰英 文藝春秋 Amazon この頃読んでいるシリーズもの。 シリーズものは時に飽きてくることがあるのだが、本シリーズにおいてはどんどん読みたい気持ちが高ま…

#675 今に通じるものがありますね ~「居眠り磐音 5」

『居眠り磐音 5』佐伯泰英 著 年始の磐音。 龍天ノ門 居眠り磐音(五)決定版 (文春文庫) 作者:佐伯 泰英 文藝春秋 Amazon この頃楽しんでいるシリーズ。どんどんと引き込まれてしまい、すでにやめられない止まらない状態だ。 年末、というか4巻で磐音は懇意…

#673 感覚を研ぎ澄ます~「居眠り磐音 4」

『居眠り磐音 4』佐伯泰英 著 奈緒の行方。 雪華ノ里 ─ 居眠り磐音江戸双紙 4 (双葉文庫) 作者:泰英, 佐伯 双葉社 Amazon この頃気合を入れて読んでいる作品。 シリーズものはリアルタイムで読んでいると終わり来るのが悲しくなる。すでに刊行されているもの…

#669 大作は流れも速い ~「居眠り磐音 3」

『居眠り磐音 3』佐伯泰英 著 故郷へ。 花芒ノ海 居眠り磐音(三)決定版 (文春文庫) 作者:佐伯 泰英 文藝春秋 Amazon 現在シリーズで読んでいる作品がいくつかあるが、その中でも最も長い作品。 まだまだ続くことがわかっていながらも「進むの早いぞ」と思…

#666 鍋を賭ける ~「大江戸定年組 3」

『大江戸定年組 3 起死の矢』風野真知雄 著 回復後。 起死の矢 大江戸定年組 (角川文庫) 作者:風野 真知雄 KADOKAWA Amazon Kindle Unlimitedでも時代小説が読めるらしいと知り、最初に検索したのが著者の作品だった。年末年始はこのシリーズを楽しみ、本書…

#664 追手の思惑~「居眠り磐音 2 寒雷ノ坂」

『居眠り磐音 2 寒雷ノ坂』佐伯泰英 著 藩が迫り来る。 寒雷ノ坂 居眠り磐音(ニ)決定版 (文春文庫) 作者:佐伯 泰英 文藝春秋 Amazon 年末にたくさんのシリーズものを購入した。本書は50巻を超える大作で、そう簡単には終わらないぞという安心感があること…

#661 時代小説で新年を迎えました~「菩薩の船 大江戸定年組2」

『菩薩の船 大江戸定年組 2』風野真知雄 著 初秋亭の3人。 菩薩の船 大江戸定年組 (角川文庫) 作者:風野 真知雄 KADOKAWA Amazon 謹賀新年。 本年度も本との良縁、楽しい読書時間を過ごせますように。 年越しから新年までは著者の作品を楽しみたいと思って…

#660 2022年は友情で締め!~「初秋の剣 大江戸定年組」

『初秋の剣 大江戸定年組』風野真知雄 著 引退した3人組。 初秋の剣 大江戸定年組 (角川文庫) 作者:風野 真知雄 KADOKAWA Amazon 2022年の読書記録も本日が最後。今年は夏と冬に大きな仕事があり記録を残せないタイミングが多々あったことから、きっと記録…

#656 何から作ればよいのかわからない(喜)~「有元葉子の料理教室 3 秋冬レシピ」

『有元葉子の料理教室 3 秋冬レシピ』有元葉子 著 寒い季節には。 有元葉子の料理教室3 秋冬レシピ 作者:有元 葉子 KADOKAWA Amazon シリーズ3冊の最終巻。立て続けに3冊読んだら猛烈におなかが空いてきた。コロナ禍以降、出来るだけ機内食を食べないよう…

#655 想像力が開かれる!~「有元葉子の料理教室2 春夏レシピ」

『有元葉子の料理教室2 春夏レシピ』有元葉子 著 春と夏に食べたいもの。 有元葉子の料理教室2 春夏レシピ 作者:有元 葉子 KADOKAWA Amazon 機内で読む料理本を探していた時、このシリーズがKindle Unlimitedで読めることに驚いた。ずっと購入を迷っている…

#654 毎回必ず何らかの発見があるのです~「有元葉子の料理教室 春夏秋冬レシピ」

『有元葉子の料理教室 春夏秋冬レシピ』有元葉子 季節別のお料理。 有元葉子の料理教室 春夏秋冬レシピ 作者:有元 葉子 KADOKAWA Amazon 今手元にある料理家さんの書籍の中では著者の作品が最も多い。おそらく素材別、調理法別に作品があるため、つい集めた…

#651 何事も計画は大切です~「おしゃれな20人の年間クローゼット計画」

『おしゃれな20人の年間クローゼット計画』天然生活 少ない服での暮らし。 おしゃれな20人の年間クローゼット計画 (扶桑社ムック) 扶桑社 Amazon 今回1度目の出張は5泊、2度目の出張は8泊だった。荷造りが苦手で「もしも」に備えて常にカバンの中はパン…

#648 ついに大作を大人買い!~「居眠り磐音」

『居眠り磐音 1』佐伯泰英 著 友を亡くす。 陽炎ノ辻 居眠り磐音(一)決定版 (文春文庫) 作者:佐伯 泰英 文藝春秋 Amazon 今、帰国の便を待っている。12月がこんなにも多忙になってしまったのは2度の海外出張が入ってしまったためで、その隙間に師走活動を…

#646 毎年の冬の愉しみ~「いちねんかん」

『いちねんかん』畠中恵 著 両親、旅に出る。 いちねんかん(新潮文庫)【しゃばけシリーズ第19弾】 作者:畠中恵 新潮社 Amazon 毎年冬恒例の「しゃばけシリーズ」文庫版。 昨年は記念年だったことから外伝が出ている。そうかー。もう19弾目になるんですね。…

#645 安定のシュールさ ~「女の園の星 3」

『女の園の星 3』和山やま 著 星先生、風邪をひく。 女の園の星(3)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing) 作者:和山やま 祥伝社 Amazon 師走に入り、唐突に2本の出張が決まりバタバタとしております。移動時間が増えると読書時間も確保できるので読書だ…

#643古い暮しに見る丁寧さ ~「うちのちいさな女中さん 3」

『うちのちいさな女中さん 3』長田佳奈 著 昭和初期、女中さんと先生の毎日。 うちのちいさな女中さん 3巻【特典イラスト付き】 (ゼノンコミックス) 作者:長田佳奈 コアミックス Amazon この頃、海外からのお客様が多い。久々に日本に来る方も多く、ここ数年…

#634 他文化を初めて経験するってこういう感じですよね~「うちのちいさな女中さん 2」

『うちのちいさな女中さん 2』長田佳奈 著 大正時代の女中さん。 うちのちいさな女中さん 2巻 (ゼノンコミックス) 作者:長田佳奈 コアミックス Amazon とりあえず自分を甘やかすことに徹底した昨日、久々にゆっくり休めた気がする。世の中ブラックフライデー…

#616 日々を美しく~「明日を変えるならスポンジから」

『暮らしの道具の選び方 明日を変えるならスポンジから』一田憲子 著 キッチンまわりのグッズ 【マイナビ文庫】暮らしの道具の選び方 明日を変えるならスポンジから 作者:一田憲子 マイナビ出版 Amazon 週末は窓の掃除をすることに決めていた。今まではスポ…

#608 未完の文字が何とも悲しい~「うめ婆行状記」

『うめ婆行状記』宇江佐真理 著 遺作。 うめ婆行状記 (朝日文庫) 作者:宇江佐真理 朝日新聞出版 Amazon せっかく読書三昧な10月をと思っていたにも関わらず、水際対策の緩和によってまたもや「日本行くよー」との連絡が増えて来た。確かに外貨を落として下さ…

#595 ドラマを見てどうしても元ネタ小説が読みたくなりました ~「赤ひげ診療所」

『赤ひげ診療所』山本周五郎 著 小石川診療所の名医。 赤ひげ診療譚 (新潮文庫) 作者:周五郎, 山本 新潮社 Amazon 気が付いたら9月も最終日。日中はまだまだ日差しの温かみが残るが、朝晩はすっかり秋の気配だ。秋と言えば読書、来月も楽しい読書生活を送り…

#587 一つの時代の終わりを見届けた気分です ~「あおのたつき 1,2」

『あおのたつき 1,2』安達智 著 常世で生計を立てる、遊女あお。 あおのたつき (1) 作者:安達智 マンガボックス Amazon 19日、お客様がお帰りとなりやっと自分の時間が持てた。昨日は帰宅してからずっとエリザベス2世の国葬を見ていた。国内でも同時通訳など…

#586 小綺麗になりたければ、まずは髪 ~「大人のあか抜けひとつ結び」

『大人のあか抜けひとつ結び』主婦の友社 不器用さんにもできます。 大人のあか抜けひとつ結び 主婦の友社 Amazon お客様 in Japanの真っ只中、心は英国に向いている。本葬までの間の王室の動きなどは時差のおかげで帰宅後にBBCを見ては涙している。私は初め…

#583 秋の味覚の予習です~「御松茸騒動」

『御松茸騒動』朝井まかて 著 尾張藩の大殿の味。 御松茸騒動 (徳間時代小説文庫) 作者:まかて, 朝井 徳間書店 Amazon 秋がぐっと身近になってきた今日この頃。秋の味覚といえば、芋、栗、南瓜、柿、銀杏、そしてきのこ。これが私のお気に入りだが、人によっ…

#578 英語圏の子供たちの”当たり前”が知りたい~「英米児童文化55のキーワード」

『英米児童文化55のキーワード』白井澄子、笹田裕子 編著 英語圏の子供たちの世界。 英米児童文化55のキーワード (世界文化シリーズ別巻) 作者:澄子, 白井,裕子, 笹田 ミネルヴァ書房 Amazon 必死に読み続けている積読の山はまだまだダイニングテーブルから…

#568 あの”美味しいものしか売ってないショップ”にはこういう背景があったのですね~「裏を見て「おいしい」を買う習慣」

『裏を見て「おいしい」を買う習慣』岩城紀子 著 グラホの創設者が語る食。 裏を見て「おいしい」を買う習慣 作者:岩城紀子 主婦の友社 Amazon ついに東京の日の出の時間が5時代になったようだ。夏の間、山で暮らしている間に身についた4時起きだが、太陽と…

#561 ええ、そんな!感涙 (´;ω;`)~「あきない世傳 金と銀 13」

『あきない世傳 金と銀 13』高田郁 著 ついに最終巻! あきない世傳 金と銀(十三) 大海篇 (ハルキ文庫 た 19-28) 作者:高田 郁 角川春樹事務所 Amazon この間の山の日、Amazonで50%ポイント還元イベントの最終日とあれこれ書籍を買い込んだ。と思ったら、な…