Dahlia's book log だりあの本棚

読書で得た喜びをここに記録として残します。 こんな本を読みましたという備忘録として。

索引 あ行

#920 英語は筋トレって本当でした。翌日の英語力に俄然差が出ます!~「英語のハノン 初級」

『英語のハノン 初級』横山雅彦・中村佐知子 著 英会話。 英語のハノン 初級 ――スピーキングのためのやりなおし英文法スーパードリル 作者:横山雅彦,中村佐知子 筑摩書房 Amazon 今年は2月に入ってからほぼ毎週海外からお客様を迎えているのだが、国内のお客…

#902 最終話まで学びの多い江戸版ビジネス書~「あきない世傳 金と銀 特別巻(下)」

『あきない世傳 金と銀 特別巻(下)』髙田郁 著 本当に最終回。 幾世の鈴 あきない世傳 金と銀 特別巻(下) (ハルキ文庫 た 19-32) 作者:髙田 郁 角川春樹事務所 Amazon 3月の半ばからは人の動き増加する時期だ。学生ならば進学、社会人ならそろそろ内示が出…

#881 めずらしくリゾートに行きたいと思えたのは共感できるポリシーに感性が磨かれそうな予感がするからなのです~おひとりさまホテル 3」

『おひとりさまホテル 3』まろ、マキヒロチ 著 自然の中で。 おひとりさまホテル 3巻 (バンチコミックスコラル) 作者:まろ,マキヒロチ 新潮社 Amazon アテンドの間は待ち時間が多く、会社に近い所なら戻って仕事するのだが、それが出来ない時はカフェで時間…

#880 一人の時間の選択肢:宿取ろう!~「おひとりさまホテル 2」

『おひとりさまホテル 2』まろ、マキヒロチ 著 リゾートに行きたい。 おひとりさまホテル 2巻 (バンチコミックスコラル) 作者:まろ,マキヒロチ 新潮社 Amazon 今来ているお客様たち、東京を満喫しているご様子でそれはそれで至極満足なのだが、迎える側とし…

#879 宿泊考察:費用対効果についての許容範囲差を感じました~「おひとりさまホテル 1」

『おひとりさまホテル 1』まろ、マキヒロチ 著 関東5ホテル。 おひとりさまホテル 1巻 (バンチコミックスコラル) 作者:まろ,マキヒロチ 新潮社 Amazon もともと旅行が好きではあるが、出張が増えるようになってからあっという間に航空会社のステータスが上が…

#871 大奥に学ぶ:明るさと幸せを周りに広げる力~「大奥づとめ」

『大奥づとめ』永井紗耶子 著 女の働き方。 大奥づとめ―よろずおつとめ申し候―(新潮文庫) 作者:永井紗耶子 新潮社 Amazon やはり1月、ものすごく寒い。温かいものを食べて元気になりたいのに、そんな時に限って出張後の買い出しに行けておらず、冷蔵庫がほ…

#867 仇を討つもの、討たれるもの ~「仇持ち町医・栗山庵の弟子日録」

『仇持ち町医・栗山庵の弟子日録』知野みさき 著 仇討ち。 仇持ち 町医・栗山庵の弟子日録(一) (PHP文芸文庫) 作者:知野 みさき PHP研究所 Amazon 週末から出張に出ている。北国に来ているのだが、久々に雪を見た。温かい室内でゆっくり読書でも楽しみたい…

#864 お湯が恋しくなる小説です~「いい湯じゃのう」

『いい湯じゃのう1~3』風野真知雄 著 熱海、箱根、草津、別府..... 温泉行きたい。 いい湯じゃのう(一) お庭番とくノ一 (PHP文芸文庫) 作者:風野 真知雄 PHP研究所 Amazon 昨日、ランチの後に外を歩いていたら埃が舞い上がるほどに風が強く、目にゴミが入…

#861 豪快クジラの活きづくり~「魔食 味見方同心 1」

『魔食 味見方同心 1』風野真知雄 著 3シーズンスタート。 魔食 味見方同心(一) 豪快クジラの活きづくり (講談社文庫) 作者:風野真知雄 講談社 Amazon 今週の火曜日からまたいつもの生活に戻ったわけだが、長く休んだせいか1週間がものすごく長く感じられ…

#859 記憶の再生と謎解き、そして冷たい闇との対峙 ~「f植物園の巣穴」

『f植物園の巣穴』梨木香歩 著 忘れていたいこと。 f植物園の巣穴 (朝日文庫) 作者:梨木 香歩 朝日新聞出版 Amazon 今年はまず手元にある書籍を読破するまで新しいものは買わないことに決めた。1日1冊読んでも年内で読み終わるか終わらないかという量が積ま…

#857 うらさびしい: さびしい感じがするさま、心の中に寂しい感情があるさま ~「心淋し川」

『心淋し川』西條奈加 著 直木賞受賞作。 心淋し川 (集英社文庫) 作者:西條奈加 集英社 Amazon 今日で年末年始の長い休暇も終わり。完全にリフレッシュできたので、モチベを上げるためにも読書を続けたい。 さて、随分前に購入していた本書。2020年の直木賞…

#844 とりあえず目標は一日一兆です ~「新しい「乳酸菌」が、命を鍛える」

『新しい「乳酸菌」が、命を鍛える』矢澤 一良 著 腸活 新しい「乳酸菌」が、命を鍛える 作者:矢澤一良 株式会社シティブックス Amazon 毎朝肩こりで目が覚める。原因はいくつか考えられ、とりあえず思いつくものから対策を試してはいるのだが、なかなかスッ…

#840 リフレッシュには物語が一番~「火花散る おいち不思議がたり」

『火花散る おいち不思議がたり』あさのあつこ 著 シリーズ4巻目 火花散る おいち不思議がたり (PHP文芸文庫) 作者:あさの あつこ PHP研究所 Amazon ついに今年もあと残すところ3週間余りなのだが、大掃除が全く進んでいない。昔は土日だけでも結構な気分転…

#838 年末にして最強の料理本~「あたらしい家中華」

『あたらしい家中華』酒徒 著 これは今すぐ作りたい。 手軽 あっさり 毎日食べたい あたらしい家中華 作者:酒徒 マガジンハウス Amazon この頃毎日のように「転勤したい、転勤したい、転勤したい、転勤したい、転勤したい」と唱えているのだが、一向にそのお…

#836 江戸時代、娘時代は17歳まで。~「桜舞う おいち不思議がたり」

『桜舞う おいち不思議がたり』あさのあつこ 著 シリーズ2巻目。 桜舞う おいち不思議がたり (PHP文芸文庫) 作者:あさの あつこ PHP研究所 Amazon 年末年始、毎年有休を使って少し長めに休みを取ることにしている。まだ今年のスケジュールを決めておらず、思…

#834 久々の時代小説はさくさく読めるものを選びたい~「おいち」

『おいち 不思議がたり』あさのあつこ 著 医術と第六感。 おいち不思議がたり (PHP文芸文庫) 作者:あさの あつこ PHP研究所 Amazon ついに師走。本格的に1年の総括をスタートさせ、早々に来年の準備をしなくてはと思うのだが、どうも腰が重い。決して掃除が…

#829 深い夜のお供に~「家守綺潭」

『家守綺潭』梨木香歩 著 湖。 家守綺譚 (新潮文庫) 作者:香歩, 梨木 新潮社 Amazon 今回の時差ボケは少しヘビー。夕方になると目が冴えてしまいなかなか眠りにつけない。やっと眠っても2時や3時には目が覚める。日中昼寝もせずにいたにも関わらず、夜になる…

#826 江戸の胃袋のお引越し~「市場」

『市場』北川ナヲ 著 魚河岸の歴史。 市場 作者:北川 ナヲ 文芸社 Amazon 11月は出張シーズンのようで、自分が動くこともあるが外からやって来る人も多い。滞在中のホテルの予約を頼まれることも多く、昨日は旅行会社さんのような一日を送っていた。各ホテル…

#825 芯の強さ~「選ばれる女におなりなさい」

『選ばれる女におなりなさい デヴィ夫人の婚活論』デヴィ夫人 自分に負けない、人に負けない。 選ばれる女におなりなさい デヴィ夫人の婚活論 (講談社文庫) 作者:ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ 講談社 Amazon 普段ほぼテレビを見ることがないが、出張先で…

#821 Foodieさんご用達~「ELLE gourmet 2023年11月号」

『ELLE gourmet』2023年11月号 ショッピングガイド。 ELLE gourmet(エル・グルメ) 2023年11月号 No.37 (2023-10-05) [雑誌] ハースト婦人画報社 Amazon 週末、久々に近所の本屋さんに立ち寄った。この本屋さんはスーパーの中にあって、気分転換になることも…

#806 自分だけのCozyな空間を求めて~「家が好きな人」

『家が好きな人』井田千秋 著 5人の暮らし。 家が好きな人 (リュエルコミックス) 作者:井田 千秋 実業之日本社 Amazon 今週、思い切って夏休みを取った。本宅に戻り、ゆったりと読書しながら好きなものを食べ、自由を満喫する予定だった。しかし在宅勤務がで…

#798 やっぱり続編きましたね!~「契り橋 あきない世傳 金と銀 特別巻(上」

『契り橋 あきない世傳 金と銀 特別巻(上)』髙田郁 著 続編スタート。 契り橋 あきない世傳 金と銀 特別巻(上) (ハルキ文庫 た 19-31) 作者:髙田 郁 角川春樹事務所 Amazon 待ちに待った三連休が目の前とあり、ものすごく気持ち的に解放されている。という…

#789 うーん。なかなか思い出せないものですね。~「エンジェルエンジェルエンジェル」

『エンジェルエンジェルエンジェル』梨木香歩 著 天使の存在。 エンジェル エンジェル エンジェル (新潮文庫) 作者:香歩, 梨木 新潮社 Amazon 先回のヨーロッパ出張とは異なり、南国出張は土日に働いていたが一人で推し進める作業+時間制限がないという気楽…

#787 ささやかにアニメ化を希望してみる~「裏庭」

『裏庭』梨木香歩 著 子供の成長の傍らに。 裏庭(新潮文庫) 作者:梨木香歩 新潮社 Amazon ああ、なんと月日の経つのの早いことよ。今年も2/3が終わってしまうと思うと、気持ちが焦って仕様がない。思えば2月頃から日本はどんどんと海外からのお客様を受け…

#786 なんとお引越しですか!~「a table SHIMA vol.5」

『a table SHIMA vol.5』タサン志麻 著 23夏。 à table SHIMA vol.05 夏号 (別冊エッセ) 作者:タサン志麻 扶桑社 Amazon 8月末だというのになかなか立ち去る様子を見せない夏だが、それでも少し日が短くなってきたように感じられる。もう9月だし、そろそろ…

#784 レトロに憧れる~「うちのちいさな女中さん 4」

『うちのちいさな女中さん 4』長田佳奈 著 はなちゃん、初めての海。 うちのちいさな女中さん 4巻【特典イラスト付き】 (ゼノンコミックス) 作者:長田佳奈 コアミックス Amazon 週末久々にゆっくりすることが出来、そうだ!この幸せ感を更にアップさせるに…

#781やっと春号へ追いつきました~「 a table SHIMA vol.04」

『a table SHIMA vol.04』タサン志麻 著 春のお話。 à table SHIMA vol.04 春号 (別冊エッセ) 作者:タサン 志麻 扶桑社 Amazon この頃とにかく忙しくて全くもってキッチンに立つ余裕がない。というか、コロナ後は家にいないことのほうが多くて、自分でも何…

#778 色から伝わる温かさが染みるのです~「うみべのストーブ」

『うみべのストーブ』大白小蟹 著 染みる。 うみべのストーブ 大白小蟹短編集 (トーチコミックス) 作者:大白小蟹 リイド社 Amazon 現在アマゾン関連のサブスクをいくつか使っているのだが、使わないものを整理しようと考えた。ひとまず今少し休みたいと考え…

#777 温もり程度の距離感が羨ましい~「江戸は浅草 5」

『江戸は浅草 5』知野みさき 著 お鈴の過去と未来。 江戸は浅草5 春の捕物 (講談社文庫) 作者:知野みさき 講談社 Amazon もう先月の話となるが、1カ月ほどの海外出張を終え帰国した日本は猛暑だった。着陸してすぐのアナウンスで「只今の羽田空港の気温は摂…

#755 名物は厚焼き玉子だそうです~「王子狐火殺人事件 耳袋秘帖」

『王子狐火殺人事件』風野真知雄 著 耳袋シリーズ第11弾。 王子狐火殺人事件 (文春文庫) 作者:風野 真知雄 文藝春秋 Amazon 気が付いたら6月になっていて、上半期のラストスパート時期となっていた。在宅勤務も儘ならず、お勤めマシーン状態が続いている方も…