Dahlia's book log だりあの本棚

読書で得た喜びをここに記録として残します。 こんな本を読みましたという備忘録として。

文学

#268 江戸時代の女子旅

『ぬけまいる』朝井まかて 女三人、伊勢へ。それぞれの思いは果たせるのだろうか。 ぬけまいる (講談社文庫) 作者:朝井 まかて 発売日: 2014/12/12 メディア: 文庫 ゴールデンウィークも折り返し地点を過ぎ、そろそろまた「会社に行きたくない」とか「学校い…

#263 木の上での「空仕事」とはなんと粋なんでしょう

『ちゃんちゃら』 朝井まかて 著 江戸の庭師「植辰」に拾われたちゃらの空仕事。 ちゃんちゃら (講談社文庫) 作者:朝井 まかて 発売日: 2012/12/14 メディア: 文庫 少し前のセールの時に購入した一冊。やっぱり疲れた時には時代小説が身に染みる。これ、どう…

#262 西洋文化の中で江戸を思う

『江戸は浅草 3』知野みさき 著 真一郎の心はお多香へと注がれる。 江戸は浅草3 桃と桜 (講談社文庫) 作者:知野 みさき 発売日: 2020/10/15 メディア: 文庫 とても気に入った時代小説を発見し、もっともっと読みたい!と思うのに現在3巻目までしか出ていな…

#260 そろそろ長編時代小説が読みたいなあ

『江戸は浅草 2』知野みさき 著 江戸に雪女が現る? 江戸は浅草2 盗人探し (講談社文庫) 作者:知野 みさき 発売日: 2019/10/16 メディア: 文庫 浅草が舞台のシリーズものを読み始めた。1巻目はこちら。 2巻目はすっかり六軒長屋の住人として活躍する真一郎…

#258 ストレスな日々にこそお江戸!

『江戸は浅草』知野みさき 著 矢を作る真一郎。上方へ渡ろうと旅立つがなぜか浅草に落ち着くことに。 江戸は浅草 (講談社文庫) 作者:知野みさき 発売日: 2018/09/14 メディア: Kindle版 4月に入り急に仕事が忙しくなりだした。滞っていたあれこれが動きだし…

#257 明治時代のロマンかー。

『 若様とロマン』畠中恵 著 若様たちの未来はどうなる? 若様とロマン (講談社文庫) 作者:畠中 恵 発売日: 2018/08/10 メディア: 文庫 明治シリーズの3冊目。読んだ感じでは3冊で完結なのかな?という流れとなっている。舞台は明治で、1冊目と同様、若様た…

#256 明治が舞台のお話を読んでいます

『若様組まいる』畠中恵 著 時が時なら若様だった元侍たちがどうやって巡査になったのか。 若様組まいる (講談社文庫) 作者:畠中恵 発売日: 2019/11/25 メディア: Kindle版 「しゃばけ」シリーズの著者の書いた明治時代を背景とした物語。こちらはその2巻目…

#255 明治時代のお菓子事情、読んでるだけで食べたくなる!

『アイスクリン強し』畠中恵 著 明治中頃、元旗本の息子たちは職を得た。 アイスクリン強し (講談社文庫) 作者:畠中 恵 発売日: 2011/12/15 メディア: 文庫 この間のセール時に出ていた作品。そういえばこの作品は読んでいなかったなと購入してみた。 まず、…

#252 深川を歩きたいけれど、今はまだ無理だよね

『損料屋喜八郎始末控え 4』山本一力 著 深川を陥れようとする勢力と戦う喜八郎。 牛天神 損料屋喜八郎始末控え (文春文庫 や 29-26) 作者:山本 一力 発売日: 2020/10/07 メディア: 文庫 先回のセールの際に購入した1冊。去年の年末に購入しようとしたのだが…

#250 やっぱりシリーズものは数冊遡って復習してから読むのが楽しい

『薬屋のひとりごと 10』日向夏 著 猫猫、またもや西都へ!飢饉はどうなる!? 薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~(10) (サンデーGXコミックス) 作者:日向夏,倉田三ノ路,しのとうこ 発売日: 2021/02/19 メディア: Kindle版 こういうライトノベ…

#249 え?本当に終わり?いやいや、次がありそうだ(と信じたい)

『居酒屋ぜんや 10』坂井希久子 著 ついにお妙の両親の真相に一歩近づいたか!? さらさら鰹茶漬け 居酒屋ぜんや (時代小説文庫) 作者:坂井希久子 発売日: 2021/03/30 メディア: 文庫 楽しみにしていた10巻目が届き、あっという間に読んでしまった。もう10…

#244 春と秋のお楽しみといえば、コレ

『本所おけら長屋 16』畠山健二 著 万松、今宵も大活躍。 本所おけら長屋(十六) (PHP文芸文庫) 作者:畠山 健二 発売日: 2021/03/24 メディア: Kindle版 数年前の話になるが時代小説が好きになり、書店でPHP文芸文庫の中からいくつか見繕って購入した。その…

#233 長崎弁の響きが心にしみる作品でした

『先生のお庭番』朝井まかて 著 ドイツ人でありながらオランダ医として出島に勤めていたシーボルト先生とお庭番のお話。 先生のお庭番 (徳間文庫) 作者:朝井 まかて 発売日: 2014/06/06 メディア: 文庫 桜が咲いたとか咲きそうだというニュースを見た。3月も…

#217 和装がランウェイを席巻する日を妄想したくなりますよね

『あきない世傳 金と銀(10)』 高田郁 著 太物のみを扱うこととなった五鈴屋の快進撃。 あきない世傳 金と銀(十) 合流篇 (ハルキ文庫 た 19-25 時代小説文庫) 作者:高田郁 発売日: 2021/02/11 メディア: 文庫 ふらふらとAmazonを徘徊していたら新刊が出て…

#207 やや、また読む順番を間違えてしまったぞ。遅くなりましたが、直木賞受賞 祝!

『烏金』 西條奈加 著 金貸しのお吟と流れてきた浅吉との生活には隠された何かがあった。 烏金(からすがね) (光文社文庫) 作者:西條 奈加 発売日: 2014/11/28 メディア: Kindle版 まだまだ2月も第一週目だというのに、ちらほら桜の声が聞こえてくる。節分…

#198 シリーズ15巻、読み終えました

『髪結い伊三次捕物余話 15』宇江佐真理 著 ついに最終回。伊三次一家の10年間にあったことが見えてきた。 擬宝珠のある橋 髪結い伊三次捕物余話 (文春e-book) 作者:宇江佐真理 発売日: 2016/03/18 メディア: Kindle版 雨が続いた週末にじっくり読書。このシ…

#197 後悔していることが心に浮かんでしまう物語でした

『髪結い伊三次捕物余話 14』 穏やかな日の中に込められた命のお話。 竈河岸 髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫) 作者:真理, 宇江佐 発売日: 2018/10/06 メディア: 文庫 今週は世の中が大きく動いているような感がある。普段はあまりテレビは見ないのだが、在…

#196 早く続きを読みたい気持ち vs 終わらせたくない気持ち

『髪結い伊三次捕物余話 13』 茜の奉公先である松前藩、藩内政治の結末がでる。 昨日のまこと、今日のうそ 髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫) 作者:宇江佐真理 発売日: 2016/12/09 メディア: Kindle版 もう後戻りできない感。このシリーズも残り2冊となったの…

#195 もうすぐ終わると思いながらシリーズものを読む

『髪結い伊三次捕物余話 12』宇江佐真理 著 不破家についに家族が増える吉事。 名もなき日々を 髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫) 作者:宇江佐 真理 発売日: 2016/01/04 メディア: 文庫 結局パソコンを購入してしまった。この頃はスマホの本体が10万円を超え…

#193 主人公が戻ってきたのでシリーズ最後まで読むことにしました

『髪結い伊三次捕物余話 11』宇江佐真理 著 伊三次家の長男、伊与太は絵のお師匠の元へ戻るもお師匠の病気は進む。 明日のことは知らず 髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫) 作者:宇江佐真理 発売日: 2015/03/27 メディア: Kindle版 いつになくゆったりとした週…

#191 リモートワークになったのに読書なんてする時間なんて全然取れない!(怒)

『髪結い伊三次捕物余話 10』宇江佐真理 著 10巻目の『心に吹く風』。茜が奉公に出ることに。 心に吹く風 髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫) 作者:宇江佐 真理 発売日: 2014/01/04 メディア: 文庫 在宅勤務再開となり大人しく家で作業する予定だったのだが、…

#189 物語が終わりに近づいているようです

『髪結い伊三次捕物余話 9』宇江佐真理 著 同心となった龍之介はやる気をなくしてしまう。 今日を刻む時計 髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫) 作者:宇江佐 真理 発売日: 2013/01/04 メディア: 文庫 緊急事態宣言があったので今週から在宅勤務が始まった。在…

#187 言葉に込める

『髪結い伊三次捕物余話 8』宇江佐真理 著 番方若同心となり、若旦那と呼ばれるようになった龍之助。 我、言挙げす 髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫) 作者:宇江佐 真理 発売日: 2012/09/20 メディア: Kindle版 天気もぱっとせず、気持ちがあまり盛り上がらな…

#186 一年で人はずいぶん成長しますね

『髪結い伊三次捕物余話 7 雨を見たか』宇江佐真理 著 伊三次が小者として働く同心、不破の息子の龍之進は見習いとして活躍し始める。 雨を見たか 髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫) 作者:宇江佐 真理 発売日: 2009/08/04 メディア: 文庫 1冊ごとに1年年が進…

#184 年始に読むにぴったりの1冊

『むすびつき』畠中恵 著 縁とは。しゃばけシリーズ第17弾。 むすびつき(新潮文庫)【しゃばけシリーズ第17弾】 作者:畠中恵 発売日: 2020/11/30 メディア: Kindle版 謹賀新年。今年もたくさんの良書とのご縁がありますように。 年末年始は読書にどっぷりつ…

#183 時代小説を読み始めると江戸っ子が羨ましくなります

『髪結い伊三次捕物余話 6』宇江佐真理 著 不破の息子、龍之介も同心としての見習いを始める。 君を乗せる舟 (文春文庫) 作者:宇江佐 真理 発売日: 2008/01/10 メディア: 文庫 2020年最後に記録する一冊はやはり時代小説にしたいと思う。思えばしばらくこの…

#180 結局今年は江戸時代にどっぷり浸かっているおりました

『ひとめぼれ』畠中恵 著 まんまことシリーズ6巻目。麻之助は今回も冴えている。 ひとめぼれ (まんまこと) 作者:恵, 畠中 発売日: 2020/06/09 メディア: 文庫 12月の一大イベントであるクリスマス、今年は何とも「ひっそり」と言う感じ。海外のニュースを見…

#178 お気楽な人がまた元気になる姿は良いものですね

『まったなし』畠中恵 著 「まんまこと」シリーズの5冊目。悪友、清十郎もついに年貢を収めるか!? まったなし (文春文庫) まんまことシリーズ 5 作者:畠中 恵 発売日: 2018/04/10 メディア: 文庫 クリスマス直前になって気がついた。今年、街中にサンタが…

#177 いつか解決すると信じて

『ときぐすり』畠中恵 著 「まんまこと」シリーズの4冊目。麻之助の心の傷も少しは癒えただろうか。 ときぐすり (文春文庫) まんまことシリーズ 4 作者:畠中 恵 発売日: 2015/07/10 メディア: 文庫 どんどんとコロナ感染者数が増加していることもあり、今年…

#173 別れた人への想いをどうにもできないというのはこういうことなんだと思う

『こいわすれ』畠中恵 著 麻之助とお寿ずの縁とは・・・。 こいわすれ (文春文庫) まんまことシリーズ 3 作者:畠中 恵 発売日: 2014/04/10 メディア: 文庫 毎年毎年12月になった途端に急に忙しくなり、やっと一息気つく頃はすでにクリスマスが目前で愕然とす…